宅建の問題を研究しましょう

宅地建物取引主任者(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)は、宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)の相手方に対して、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う国家資格者である。

宅地建物取引主任者資格試験は、都道府県知事が、国土交通省令の定めるところにより行うこととされています。昭和63年度から、国土交通大臣が指定した指定試験機関(財団法人不動産適正取引推進機構)が、すべての都道府県知事の委任を受けて実施しています。

試験の合格率は毎年ほぼ一定で、10人受けて2人も合格できないので、難易度の高い資格と言ってよいと思います。
ただし宅建の受験者は、働きながら勉強する人が多いので、勉強時間を確保できずしっかりと 受験対策をしてきている人は、思いのほか少ないと感じます。 合格率は低いですが、まったく宅建の知識がない人でも努力をすれば、 4〜5ヶ月の勉強で合格することも可能です。
もちろん簡単な試験ではありません。
書店でテキストを買ってきて、少し勉強しただけでは決して合格できません。
不合格している人達はほとんどこのような勉強です。