LINK


 不動産取引には多くの規定と制約があります。取引主任はその円滑でで正確な取り引きを行うために最低限必要な知識を得ることが必要であり、その尺度を図るのが宅建の試験です。
 受験者数も多く、必然的に合格者も増えています。これは不況下の日本社会において、資格を持つという事が就職のための好条件となっているからでしょう。
 ただし、宅建の資格を持ったからと言ってそれだけでは仕事は出来ません。当然ことですが実社会で業務に携わり、経験、知識を養うことになります。
 不動産業は、学ぶことが非常に多い業種です。毎年変わる法制度などに対応することはもちろん、社会動向にも広く知識を得ることが重要です。

 島国でありかつては農業国であった日本では、歴史的に不動産の取引は重要なこととされてきました。世界では財産と言えるものに違いがあります。しかし、日本では土地であることに異論はないしょう。
 戦国武将はコメの取れる領土拡張を目指して戦い、日露戦争、太平洋戦争でも領土資源の争いでした。